スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

平成24年 第4回定例会(第4日目12月17日)引用その3

平成24年 宇都宮市議会 第4回定例会(第4日目12月17日)
 http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/gikai
 
宇都宮市議会 会議録検索システム
 http://www2.city.utsunomiya.tochigi.jp/utsunomiya
からの研究目的の引用になります。
以下引用

平成24年 第4回定例会
(第4日目12月17日)
165ページ

○26番(西房美君) そういうごまかさないできちっと言いなさい、はっきりと。陽西町なら陽西町でいいのですよ。なぜそうごまかすのですか。なぜごまかさなくてはならないのですか。

○総合政策部長(岡本典幸君) 再質問にお答えします。
 決してごまかしているものではありませんで、最初からの計画の中に、その位置については、陽西町ではなく、今の北一の沢町となるかと思いますけれども、正確に町名を確認はしておりませんが、県立美術館南側入り口付近ということであります。

○26番(西房美君) 何回も同じことを言わせないでください。陽西町というのだから、陽西町でいいのではないですか。護国神社あたりでしょう、陽西町、違いますか。

○総合政策部長(岡本典幸君) 再質問にお答えします。
 何回も御答弁申し上げましたとおり、県立美術館南側入り口付近であります。

○26番(西房美君) 市長、部長は地理がわからないようなのです。桜4丁目付近ではないかと、私は言っているのです。陽西町といったら、市長、護国神社の先のほうと違いますか。私が間違っていますか。

○市長(佐藤栄一君) 町名の討論なのか、停留所の討論かよくわからなくなってきましたが、間違いなくこの計画路線は、そのパンフレット上でも、今申し上げた北一の沢町、県立美術館南入り口、足利銀行の近く、そこまでしか考えておりません。ゆめゆめそれがさらに西に延びて護国神社のところまで延伸がされるようなことでもありませんし、また、そのようなことが計画後、延伸をされてしまうようなことは全くありませんし、西議員の御心配されているようなことはありませんから、ぜひ安心をしていただきたいと思います。

○26番(西房美君) それでは、この陽西町というのを消しますか、書き直しますか、どうですか。

○市長(佐藤栄一君) 陽西町というのは消しても結構ですし、どんな扱いをされてもいいと思いますが、要は、子どもたちが通っているような、その辺一帯を含めてわかりやすいように陽西町としたのだと思いますので、そのあたりは表現の仕方、それ以降は一切そのような町名は使っていないと思います。
 また、今後、あらゆる市民の方にわかりやすく説明をさせていただきたいと思っていますので、その点についても十分に精査をしながら、理解されやすいように、そして、誤解が生じないような表現をとってまいります。

○26番(西房美君) それでは、次に移ります。この問題を押し問答しても、時間がもったいない。
 そのトランジットセンターを8カ所予定しているそうでありますが、桜通り十文字付近、幅が40メートル、長さが150メートル、6,000平方メートル、約1,800坪だそうですが、このような土地、確保できますか。
 そして、移転費用はどこから出すのですか。

○総合政策部長(岡本典幸君) 再質問にお答えします。
 冒頭の御答弁の中でも申し上げましたとおり、トランジットセンターの桜通りの部分、それから、移転補償の関係につきましては、今後、想定する概算費用等につきましても、その事業化に向けて具体的な位置を決定し、設計を行う中で検討していく予定となっています。

○26番(西房美君) それでは、次に移ります。
 東武宇都宮駅周辺、幅40メートル、長さ110メートル、4,400平方メートル、約1,300坪、このような広大な土地が東武宇都宮駅前付近であいているところがありますか。

平成24年 第4回定例会
(第4日目12月17日)
166ページ

○総合政策部長(岡本典幸君) ただいまの再質問にお答えします。
 交通結節機能として、東武宇都宮駅、それから、JR宇都宮駅の東西ということで、3つの鉄道駅との絡みの中でのトランジットセンターにつきましては、JRのほうは駅前の東西の開発、それから、東武につきましては、低未利用地として存在します土地等がありますので、こういった部分の中で全体的に検討する中で、このトランジットセンターについても検討していくことになると考えております。

○26番(西房美君) しかも、この東武宇都宮駅前周辺については、LRT事業とは別費用だと、検討対象外とすると書いてある。何ですか、これは。LRTを通すためにバスやほかの車との結節点、駅をつくるわけでしょう。LRTを通さなければ、こんなもの要らないのです。そうでしょう。しかも、これが別事業でやる。まさに市民を愚弄しているのではないですか。市長、答弁してください、これ、市長の責任ですから。

○総合政策部長(岡本典幸君) ただいまの再質問にお答えします。
 東武宇都宮駅周辺につきましては、先ほども御答弁申し上げましたとおり、低未利用地のところがあります。こういったことにつきましては、地権者となります東武鉄道とこれまでもお話し合いをさせていただいているところでもありますし、全体のまちづくりを進める中でどんなふうにこの開発をしていったらいいのか。さらに、その公共交通の結節機能としての重要性とか、こういったものも含めて、今後、十分に検討していく必要があると考えております。

○26番(西房美君) 東武の駅前付近というのはビルばかりなのです。普通の住宅はないのです。こういうところに駅をつくれば、移転費用だって莫大な費用がかかるのです。例えばこの隣の宇都宮城址公園、98軒の家に移転してもらいました。約100億円かかっているでしょう。あそこはビルはありましたか。ほとんど2階建て、1階建ての普通の住宅が圧倒的に多かった。それだって98軒で100億円かかっているのです。東武の駅前で、しかも、約1,300坪ですよ。東武駅前で1,300坪の土地、建っているビル、これを移転させなくてはいけない。莫大な費用がかかるのではないですか。1,000億円以上かかるのではないですか。LRTの市の予算の383億円、この倍かけたってできないのではないですか。いかがでしょうか。

○総合政策部長(岡本典幸君) ただいまの再質問にお答えします。
 東武宇都宮駅前周辺につきましては、先ほど来御答弁申し上げましたとおり、東側が低未利用地の状態になっています。こんなことで、この周辺の開発というものは、事業手法そのものは再開発事業を取り入れたり、さまざまな事業手法がありますが、いろんなことを検討しながら、そこに今、東武鉄道もありますし、東野バス等のバス機能も結節機能として、あの周辺に集中しているということもありますので、公共交通とまちづくり、その両面からその周辺については検討していく必要があると思っております。

○26番(西房美君) そういうあやふやな答弁では困るのです。きちっと答弁してください。

○総合政策部長(岡本典幸君) ただいまの再質問にお答えいたします。
 決してあやふやな答弁しているつもりはありません。

○26番(西房美君) それでは、東武宇都宮駅周辺でその土地を購入する費用と移転費用、どれくらいかかりますか。

○総合政策部長(岡本典幸君) ただいまの再質問にお答えいたします。
 先ほども申し上げましたとおり、事業手法とか、そういったものもまだ決まってもおりませんし、今後検討していく中で移転補償とか、そういったものも出てくるのかなと思っていますが、詳細については今の段階で御答弁申し上げることはできません。


2014-07-03(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


FC2カウンター
投票ボタン

にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

是非クリック下さい

ブログ村
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
栃木SC
blogram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
Twitterボタン
kyosukeutuをフォローしましょう
プロフィール

恭介(宇都宮)

Author:恭介(宇都宮)
清陵晴れへようこそ
グリスタ近くにある宇都宮清陵高校出身のブログ管理人が
栃木SCの試合中心にコメントさせて頂きます。
ホーム戦はメインスタンドで撮りサポ
AWAYはゴール裏で応援しています。

写真や動画もよく撮影していますので
リンクのyoutubeとニコニコ動画欄参照下さい。

検索フォーム
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
14766位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4976位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。