スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

平成24年 第4回定例会(第4日目12月17日)引用その5

平成24年 宇都宮市議会 第4回定例会(第4日目12月17日)
 http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/gikai
 
宇都宮市議会 会議録検索システム
 http://www2.city.utsunomiya.tochigi.jp/utsunomiya
からの研究目的の引用になります。
以下引用

平成24年 第4回定例会
(第4日目12月17日)
170ページ

○建設部長(竹原俊夫君) ただいまの再質問にお答えいたします。
 基本的に事前の調査につきましては、地盤というよりも、表面の状況、特にトンネル工事につきましては、山岳トンネルの場合ですと、どうしても表面が平らでありませんので、山の谷間に入っているということで、そういうところがある場合については、そのときそのときに応じてやっていきますが、宇都宮の今回のような平坦なところにおきましては、それほど層が変わってないというような形で、事前の地盤の予測をしまして、基本的には施設基準に基づき、トンネル工事の場合ですと、ボーリングの本数、間隔というものを含めて、あとはトンネルの深さに合わせてやってきていますので、基本的には200メートル間隔でいいという状況であり、それを尊重してボーリング調査をしたところであります。

○26番(西房美君) それでは、部長、もう一つだけ聞かせてください。
 今、盛んにボーリングしておるようでありますが、その結果は1カ所でも出ておりますか。

○建設部長(竹原俊夫君) 再質問にお答えいたします。
 けさ方の担当課長からの報告ですと、今現在4カ所掘っているのですが、15メートル程度まで試験に入って、15メートルの深さのところまでは土質がわかった。問題は、それ以下の深さの部分で現在の状況が出ているものですから、もうちょっと時間がかかりそうだと報告を受けているところであります。

○26番(西房美君) それでは、もう1問で最後にします。
 今、部長おっしゃったように、200メートル置きでいいのだと。どういう規則か知りませんけれども、二度とこういうことのないように、もっと細かくボーリング調査をして、二度と同じ過ちを犯さないということでお願いします。要望します。
 次に、移ります。
 3つ目の情報公開制度についてでございます。
 宇都宮市も情報公開制度、たしかこれは、増山市長のころ、要綱をつくって、その後、しばらく様子を見て情報公開制度を正式につくったと思うのです。ところが、今ではこの宇都宮市の情報公開条例というのはもう時代おくれなのです。それで、情報公開の窓口に行って請求をできる人、これは今はもう「何人も」なのです。日本全国どこの人でもできる。県内でも、当時の烏山町、宇都宮市より後でできたと思うのですが、最初から「何人も」でした。宇都宮市の場合は、市民がおとなしいからこういう苦情を言わない。
 1から6まで制限があるのですが、ちょっと読み上げてみます。
 請求できる人、市内に住所を有する者、市内に事務所または事業所を有する個人及び法人その他の団体、市内に存する事務所または事業所に勤務する者、市内に存する学校に在学する者、市税の納税義務を有する者、前各号に掲げる者のほか、実施機関が行う事務事業に利害関係を有する者と、こういう厳しい制限があるのです。時代おくれであります。「何人も」ということに改正する気はあるかどうか、お答えください。
 〔市長佐藤栄一君 登壇〕

○市長(佐藤栄一君) 情報公開制度についての御質問にお答えいたします。
 本市の情報公開制度につきましては、開かれた市政と市民の市政参加の推進を目的といたしまして、平成元年に国に先駆けて公文書公開条例を制定し、さらに、平成12年には、公開する対象を電磁的に記録された情報にまで拡大した情報公開条例に改正いたしまして、本市の保有する情報を市民共有の財産と捉え、広く市民の皆様への情報公開に努めてきたところであります。
 このような中、情報公開の請求権者につきましては、市民の市政参加の推進という情報公開制度の趣旨を踏まえまして、市政にかかわりのある市内に住んでいる方や市税を納めている方、本市の事務事業に利害関係のある方などとしているところであります。
 議員御質問の請求権を広げることにつきましては、条例の規定で請求権者以外の方から情報公開の申し出があった場合には、これに応ずるよう努めるものとする旨を定め、そうした方からの情報公開の求めに対しましても、公開しているところであり、今後とも、公正かつ透明な市政の推進に努めてまいります。


平成24年 第4回定例会
(第4日目12月17日)
171ページ

○26番(西房美君) 「何人も」という理解でよろしいですか。

○行政経営部長(桜井鉄也君) ただいまの再質問にお答えいたします。
 ただいま市長が御答弁申し上げましたように、この条例に基づく請求権を付与した者が、先ほど議員御指摘の6種の方々で、それ以外の方につきましても、申し出があった場合には実際公開していますので、決して限定をしているということではないということになっておりますので、広く開かれた市政ということでの条例の趣旨というものが生かされているのかなと感じております。

○26番(西房美君) それでは、誰にでも公開をするということですので、この際ですので、この制度をきちっと改めて、この難しいことを書かないで、「何人も」と改めたらいかがでしょう。例えば旭川市、函館市、青森市、盛岡市、前橋市、高崎市、これは宇都宮市と同じような中核市なのですが、柏市、船橋市、横須賀市、長野市、岐阜市、豊橋市、岡崎市、大津市、尼崎市、西宮市、奈良市、こういうふうによそではもう「何人も」ということになっている。部長、もう一回答弁ください。「何人も」としますか。

○行政経営部長(桜井鉄也君) 再質問にお答えいたします。
 繰り返しで恐縮ですが、条例の趣旨は市民の市政への参加という観点ですので、基本的に宇都宮市の条例は、請求権につきましては、先ほど御説明した住所を有する方々、その以外の方から申し出があれば公開しています。実質的にはきちんと公開しておりますので、現行の条例でさらに情報の公開に当たってまいりたいと考えております。

○26番(西房美君) そういう条例があるから、どうしても隠そう隠そうとするのですよ。先ほどのLRTの問題、これはいい例なのです。何でも都合が悪いことは隠そうというのが宇都宮市なのです。ですから、簡単でしょう、条例を改正すればいいのですから。「何人も」と書けばいい。やる気ないですか。市長、どうです。

○行政経営部長(桜井鉄也君) ただいまの再質問にお答えいたします。
 毎回繰り返しで恐縮ですが、宇都宮市としましては、基本的には現条例で積極的に情報公開というものに臨んでおりますので、引き続き、そのように努めてさせていただければと考えております。

○26番(西房美君) 部長、なぜ私がしつこく言うかというと、この前、日光の人が請求をしようとしたら、宇都宮市に勤めがないからだめですと断られた。だから、しつこく言うのです。だから、「何人も」としたらどうですか。なぜそういう簡単なことができないのですか。お答えください。

○行政経営部長(桜井鉄也君) ただいまの再質問にお答えいたします。
 請求権者以外の方からも、情報公開の申し出があった場合につきましては、きちっと公開をしておりますので、改めて条例改正まで考えておりません。現行の条例のもとで積極的な情報公開に努めてまいりたいと考えております。

2014-07-05(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


FC2カウンター
投票ボタン

にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

是非クリック下さい

ブログ村
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
栃木SC
blogram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
Twitterボタン
kyosukeutuをフォローしましょう
プロフィール

恭介(宇都宮)

Author:恭介(宇都宮)
清陵晴れへようこそ
グリスタ近くにある宇都宮清陵高校出身のブログ管理人が
栃木SCの試合中心にコメントさせて頂きます。
ホーム戦はメインスタンドで撮りサポ
AWAYはゴール裏で応援しています。

写真や動画もよく撮影していますので
リンクのyoutubeとニコニコ動画欄参照下さい。

検索フォーム
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
15254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5408位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。