スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

イタヤで新スタジアムに対しての講演会

今日はイタヤで県経済同友会主催の、
新スタジアムに対しての講演会があるので、
お昼過ぎに行ってくる予定です。

サッカー場の意義を考察 県経済同友会が9月に講演会

どんな話が聞けるでしょうか。

お約束でビデオカメラで撮映してくる予定なので、
時間があるときにyou tubeへアップしますので
みなさん宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ
にほんブログ村
サッカー場の意義を考察 県経済同友会が9月に講演会
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20100817/368560
(8月18日 05:00)

 県経済同友会の栃木SC研究会(藤井昌一会長)は9月1日、県が整備する新スタジアムの在り方を考えようと、財団法人日本経済研究所専務理事兼地域未来研究センター長の傍士銑太氏(Jリーグ理事)を招き、宇都宮市内で講演会を開く。同友会員のほか、行政の担当者やサッカー関係者が対象。同研究会は「スポーツのためだけではなく、まちづくりの視点からスタジアムを考えるきっかけになれば」としている。

 新スタジアムについて県は昨年6月、宇都宮市の競馬場跡地などに整備する「総合スポーツゾーン」に陸上競技場兼サッカー場を建設する素案を示した。

 これに対し県議会最大会派の自民党議員会は今年2月、民間活力を最大限に導入するためにも、収益性の観点などから陸上競技場とサッカー専用競技場の分離整備を検討するよう県に提言。厳しい財政事情の中、県は慎重に調査している。

 傍士氏は2008年に欧州の先進的スタジアムを回り、商業施設やホテルなどを併設する事業効率の高い複合施設が主流となっている状況を調査した。

 講演会では「進化を続ける世界のスタジアム~ホームと地域社会のために」をテーマに、国内の事例も踏まえて、地域社会と密接にかかわるスタジアムの在り方を語る。

 会場は宇都宮市のホテルニューイタヤ。午後3~5時。問い合わせは県経済同友会、電話028・632・5511。
2010-09-01(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


FC2カウンター
投票ボタン

にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

是非クリック下さい

ブログ村
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
栃木SC
blogram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
Twitterボタン
kyosukeutuをフォローしましょう
プロフィール

恭介(宇都宮)

Author:恭介(宇都宮)
清陵晴れへようこそ
グリスタ近くにある宇都宮清陵高校出身のブログ管理人が
栃木SCの試合中心にコメントさせて頂きます。
ホーム戦はメインスタンドで撮りサポ
AWAYはゴール裏で応援しています。

写真や動画もよく撮影していますので
リンクのyoutubeとニコニコ動画欄参照下さい。

検索フォーム
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
13517位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4679位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。