スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

気になるニュース。

最近佐藤悠介選手がブログを始めましたよね。
 佐藤悠介選手 オフィシャルブログ

また昨晩の日記で佐藤悠介選手の復帰が
待ちどうしいと書きました。
しかし、栃木SC公式ページにこんな報告がありました。

2010年9月13日(月)
佐藤悠介選手 チーム一時離脱のお知らせ

当クラブに所属する佐藤悠介選手(32)は、この度、本人の希望により、インドネシアリーグのチームの練習に参加することになりました。そのため、チームを一時離脱することとなりましたのでお知らせいたします。離脱期間は9月13日(月)から20日(月)の予定です。

なお、佐藤選手の今後については、決定次第お知らせさせていただきます。


最後に「今後については、決定次第お知らせさせていただきます。」
とあるので、恐らく移籍前提での練習参加だと思われます。

ファンとしてとても残念ですし、
来年も栃木SCに残って欲しいと願っています。

にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ
にほんブログ村
2010-09-13(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます。

>影久さん
チームにとって看板選手が居なくなることはとても影響しますよね。
サポーターにとっては、ほぼ間違いなく
佐藤選手はミスター栃木SCと言っても過言はないですよね。

チームと佐藤選手が今年どう言う契約で、
フロントが彼に対してどう考えているのかは解りませんが、
もしチームを去ることになったらとても悲しく残念に思います。

戦術に関しては松田監督は頑固な所が売りで
ブレないところが長所でもあるので色々難しそうですよね。
ファンの中には見ていて
つまらないと思う人も結構いるかも知れないですし、
個人的には相手のコーナーキックの
セットプレーでのゾーンディフェンスは
中々厳しいいのではと思います。

私レベルの素人の知識と思慮では
監督が考えていることも解らないですし
もし真意が解ってサポーターの人にうまく伝われば
納得してくれる人も増えるかも知れませんね。
2010-09-16 22:44 | 恭介(管理人) | URL   [ 編集 ]

どうしてSCは、こういう事するんでしょうか?ファンにとってはMrSCでしょう!また看板選手が消えそうです。おっしゃるようにパウ、モツのコンビは解消したほうが良いです。いくらロボががんばってもあれではボールが来ません。ユウスケの様に一つのパスで状況が一変するあの技引き継ぐ人がいない今、今期は多分12.3位でしょう。あの監督自分のスタイルに選手を当てはめようとするタイプ、でもサポが望んでるのは現有選手の長所を生かした布陣だと思っています。それで負けるなら文句一つでないと思うし、納得すると思います。また去年のように使わず解雇はやめて欲しいです。ますます観客動員に響きます。那須川のように出れば活躍のパターンがあるのに、首脳陣は何処を見ているのか?忘れもしない去年のアウェー富山戦、見事な采配でした(監督不在の試合)阪倉さんにぜひお願いしたいです。
2010-09-15 22:04 | 影久 | URL   [ 編集 ]

FC2カウンター
投票ボタン

にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

是非クリック下さい

ブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
栃木SC
blogram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
Twitterボタン
kyosukeutuをフォローしましょう
プロフィール

恭介(宇都宮)

Author:恭介(宇都宮)
清陵晴れへようこそ
グリスタ近くにある宇都宮清陵高校出身のブログ管理人が
栃木SCの試合中心にコメントさせて頂きます。
ホーム戦はメインスタンドで撮りサポ
AWAYはゴール裏で応援しています。

写真や動画もよく撮影していますので
リンクのyoutubeとニコニコ動画欄参照下さい。

検索フォーム
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
16850位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5851位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。